グローバル展開しているBGC証券会社

BGCグループは、1945年にバーナード・ジェネラルドキャンターとジョン・フィッッジェラルドによってキャンター・フィッツジェラルドが形成され、その組織が現在のBGCパートナーズLPの起源となっています。
BGCパートナーズは世界25都市で展開しており、日本には1986年にキャンター・フィッツジェラルド証券の駐在員事務所としてスタートし、1993年5月に東京オフィスとして開始されました。

現在の名称であるBGC証券会社は、2004年10月に社名変更し現在に至り、日本証券業協会のメンバーでもあります。

日本におけるBGC証券会社は、主に金利スワップや通貨オプションなどに特化して業務の展開をスタートさせ、グローバルな情報と経験豊富な人材によって運営していることが特徴です。

現在は、FXオプションとドル金利スワップ市場に焦点を当てて営業を行っています。

自分の資産を預けるにあたり国内の証券会社も魅力的ではありますが、グローバルに展開している企業の場合は、情報の豊富さや多くの経験を積んだ人材が確保されており、他社にはない専門知識を提供できると共に、顧客へのサポートが充実しています。

外資系企業には、キャリアアップややりがいのあるポジションを求めて、仕事を選んで入社してくる社員が多くいるのも特徴です。
その結果、幅広いキャリアと業務経験や専門知識を有していることが多く、任せるにあたって信頼できる人材の集まりだと言えます。

グローバル展開しているBGC証券会社は、その専門性と人材能力を有する企業です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ