証券会社が扱う幅広い金融商品

証券会社が取り扱っている金融商品には様々な種類があります。
株式が一番知られていますが、自己資金で株を購入する現物取引と、証券会社から資金を借り受けて株を購入する信用取引があり、投資対象となる株式は日本株だけではなく、外国株まで広がりを見せており、最近取扱いが増えているのは中国株です。
有価証券として株と同じように取引されているのが債券で、国や地方公共団体、企業などが資金調達をする時に発行する借入れを行なった時の借用証書のような役割を持っています。

市場で取引の出来る流動性が一番の特徴で、利息も約束され、満期を迎えると券面の金額の償還が得られるため定期預金に似ていますが、途中で売却をすることも出来ます。

他の金融商品としては、投資家から集めた資金を大きな資金としてまとめ、この資金を運用の専門家がスケールメリットを活かし、リスクを分散してリターンを最大にするべく運用するのが投資信託です。

投資信託も日本国内に限らず、様々な国を対象にしたものがあります。

また、未来の売買についてある価格での取引を保障する先物取引なども取り扱っている他に、意外なところとしては保険や年金保険を扱っているところでしょう。

このように、証券会社では株式だけでなく、あらゆる金融商品を販売して投資の選択肢を広げ、投資家のニーズに応えています。

自分の許容できるリスクの範囲で、自分のライフスタイルに見合った上手な資産運用をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ