証券会社の給料は高いの低いの

バブルが弾けてからというもの、右肩下がりに景気が良くない日本、以前バブル期には証券会社に勤務と言えば、高収入の代名詞となっていました。
しかし会社も利益を出さなければ倒産します。

今の景気の悪い世の中で利益を出していくのは大変なことで、証券会社の業界はいまやオンラインで行うのが専門の会社などが増えライバルが多いと言えます。
その中でも高収入を得ている人もいるにはいるのですが、仕事のハードさは並大抵ではない無く、結局出来高制の部分が多く占めるので、

高収入の人はやり手な訳ですが、多くの人はノルマのプレッシャーで苦しんでいます。
どの仕事も同じですが、人より多くの給料を貰うには人よりも多く努力をしていたりします。
誰でも高収入を望みますが、楽して得る事はできないのです。

長く勤務している人だと、かつての収入の高さと現実の収入に苦しむかもしれませんが、新卒で入社する場合ある程度の仕事のハードさと、結果を出せば高収入を狙えるというメリットで判断すると良いでしょう。

今の世の中は安定した大きな会社であっても、将来どうなっていくか分からないような時代です。
仕事内容も営業がメインになってきています。

勤務時間や休日は規則的で、大きい会社であれば福利厚生も充実しているはずですので、勤務する会社に将来性があるのかないのか見極めて就職したり、転職したりすると良いでしょう。
現時点の給与は高いか低いかで表すと一部の人は高収入、その他は低い、全体的に仕事のハードさを考えると低いと言えるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ