証券会社は店頭での相談ができ、丁寧に教えてくれるため初心者にとっては安心です

株の取引を始めるにあたって、証券会社を決めるのは大きなウェイトを占めています。
売買手数料は損益に大きく影響してしまいますし、提供される情報は大きな利益を生み出すかもしれません。
どのように選び、利用すれば良いでしょうか。
証券会社はオンライン・大手・中堅といった種類がありますが、オンラインは手数料が安い点が魅力です。

証券マンの意見に左右されずに購入ができますし、ネットで行うため落ち着いて取引を行えますが、その反面、株の個別銘柄によって相談に乗ってもらうことや、1から教えてもらうことが難しくなっています。

サイト上で分かりやすい説明が載っているので、それを見て勉強するというスタイルになります。
大手は手数料が割高になっていますが、店頭でも相談ができ、丁寧に教えてくれるため初心者にとっては安心で、相談内容も資産運用の全般的な相談から株の銘柄選びまで幅広く扱ってもらえます。

中堅は手数料が安くなっていますが、オンラインほどではありません。
魅力のある独自商品があれば利用すると良いでしょう。

今は多くの投資家がオンラインを利用していますが、その理由として、手数料の安さが魅力的ですし、気軽に行えるからです。

また、大きい証券会社の魅力は情報収集の点で優れていることですが、情報収集は大きい会社に口座だけを開いて行い、実際の売買は手数料が安いオンラインを利用するのが効率的でしょう。
オンラインはシステム障害に備え複数の口座を持つことがお薦めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ