ブックメーカーの登録と始め方

ブックメーカーは18世紀末にイギリスで誕生したと言われているもので、現代でも世の中の様々な出来事を賭けの対象としています。
賭けの対象となる様々な出来事とは、競馬やプロスポーツなどに始まり、大統領選や天気まで幅広いジャンルが含まれています。
約500もの種類があるとされ、世界の様々なイベントに賭けられるのが魅力です。

この投資を始めるためには、まず資金の入出金に使う電子マネー口座の開設が必要不可欠で、日本語にも対応可能で、ほとんどのメーカーに使用できる口座を選ぶと便利ですし、さらに口座開設費や維持費が無料の口座を選べばお得になります。

口座開設から認証までには数日掛かり、認証されてから取引が可能になります。
次に、ブックメーカーアカウント登録ですが、全て英語なので初めての場合は戸惑うことがあるかもしれません。

しかし簡単な単語ばかりですから、手順を覚えて慣れていけば簡単に入力が行えます。
初めての登録で不安な場合は、手順について日本語で詳しく説明しているサイトが設けられているため、それらを参考にすると良いでしょう。

登録画面では個人情報などの必要事項を入力し、パスワードを設定すれば3分程で完了します。
この登録が終わったら、開設した口座に入金を行い、その口座からブックメーカーへ送金します。

スポーツブックならばベットを選び、賭け金を入力して投票します。

そして、試合が終わってブックメーカーに入金された資金を出金する場合は、口座に戻した後に引き出す手順です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブックメーカー

このページの先頭へ