日本国内でブックメーカーを利用して稼ぐということ

楽してお金を儲けたい、そう考える人は多いでしょう。
世間には、簡単に稼ぐことができるなどと、ずいぶん耳あたりのよい言葉が氾濫していますが、本当に簡単にお金を得ることなどできるのでしょうか。
確かに、サイドビジネスを考えるのなら、本業に支障の無いようなものが良いと考えるのが普通です。

そして、安定して収入を得られるのが、ブックメーカーだと考えている人もいるようですが、この見識は法律の専門家の中でも分かれています。
ブックメーカーとは、簡単に言うとノミ屋のことです。

基本的に、日本ではギャンブルサイトのようなノミ行為は認められていません。
しかし、海外では、職業として合法として扱われている国もあります。

ギャンブルサイトが認められていない日本在住者が、合法として認められている他国のギャンブルサイトを利用することに対する法律がないのが現状で、ここが法律専門家の意見が分かれる所でもあるのです。

他国では合法なものを、日本の警察が取り締まることはできません。
アメリカには、インターネット賭博禁止法がありますが、日本にはまだ存在しません。

ただ、日本でも発行されたクレジットカードによるギャンブルサイトへの入金や送金を止める措置はされています。
そして、日本人がブックメーカーで稼ぐとなると問題になるのは、言語の壁です。

それなりの専門知識や語学力がないと、本格的に行うのは難しいと言えます。
誰でも簡単にというものではありませんが、グレーゾーンであるのも事実なのです。
最終的には、個人の判断に任せられているということになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブックメーカー

このページの先頭へ