宝くじの大当たりを出したところを良く見るのは

古くは富くじといって、寺社の再建や補修、公共事業の資金などに発行されていたくじが宝くじの原点だと言われています。
昔から、発行するには許可が入り、勝手に似たようなものを作って販売すると罰せられました。
賭博とは若干性質が異なりますが、お金を払い、上手くすれば大金を手に入れられる可能性があるということでは、似たようなものであると言えます。

こうしたものを人間は大好きですから、昔から人気があったことでしょう。
当然のことながら、現在でも個人が勝手に発行することは禁止されています。

また、昔と同じように、収益の一部は公共事業や慈善事業に使われています。
そういった点では昔も今も変わりがありません。

決して当たりやすいということはありませんが、買わなければ当たりません。
季節ごとに大きな金額が当たるくじが売り出されるので、その時くらいは夢を買うと思って買ってみるといいでしょう。

ところで、よく宝くじ売り場で「ここで何億円が出ました」という広告を見かけたことはありませんか。
結構な数を見かけますが、あれは嘘でもなんでもなく、本当にそこで大当たりが出ているのです。

今は、どこで何番の券を売ったのかということを完全に把握されているので、当たりが出た売り場というのが正確にわかります。
だからこそ、ああいった広告を出せるのです。

宝くじ自体すでにかなりの回数を行っているので、大当たりも結構な数が出ていますから、よく大当たりが出たという売り場を見ますが、それほど不思議ではないとも言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ