宝くじの販売のバイトは、売り場での接客と客への呼びかけがある

宝くじに関するバイトでもっとも一般的なのは、宝くじを販売するというものでしょう。
求人情報誌、あるいは求人情報のホームページで検索してみると、いくつか見つかると思います。
販売の仕事は、売り場の中に入って、窓口での接客ということになりますが、売り場によっては、外に出て呼び込みを行う場合もあります。

呼び込みの仕事の場合、いかにして、通行人に宝くじを買ってもらうかということを考える必要があり、やはり、一等当選金額はいくらであるということをアピールしたり、買わないと当たりませんということをアピールするということになるでしょう。

内容に関してですが、立ちっぱなしの仕事なので、足は疲れます。
ただ、重い物を持ったり運んだりするという重労働ではないので、その辺の疲れはありません。

売り場の中の業務は、客との直接のやりとりということになり、売り場では、少額の当選金の支払いも行うので、お金を受け取るだけでは無く、お金がかなり出入りしますので、売り場のやりとりでは正確さが求められるので、呼び込み業務と違い、立ち仕事ではなく座って出来るので、女性向けと言えるでしょう。

また、基本的には冷暖房があるので、その点も呼び込みより体力的には楽です。

もし、くじの販売の仕事をしたいという場合は、求人誌だけではなく、実際に近くの売り場に行ってみるといいでしょう。
仕事内容が見てわかりますし、バイト募集の貼り紙がされているところもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ