宝くじで高額当選した場合の法律と注意点

宝くじも最高で5億円となった時代。
高額当選となった場合に気になるのが税金です。
もし当選した場合は、所得税とどれくらいかかるのだろうか、その場合は来年度、どうなってしまうのかなど悩む人もいるかと思います。

実は、法律では、競馬やパチンコなど他のギャンブルなどの勝ち金額は雑所得などとして税金の支払い義務が発生しますが、宝くじは非課税になっています。
このため、たとえ高額当選したとしても税金はいっさいかかりませんので確定申告の必要もありません。

なぜ非課税かというと、売り上げの一部を収益金として販売元の各自治体の収益となっているため当たっても外れてもこれを購入した時点で私たちは税金を払っていることと同じ事なので、当選金から更に税金を搾り取られることは無いのです。

しかし、当選金を家族や知人などに分配してしまうと110万円から贈与税の対象になるので注意が必要です。
これは、グループで購入の場合も一人が受取人として後で他のメンバーに分配した場合でも同様に贈与税の対象となるので注意しておきましょう。

グループ購入で高額当選した場合は、必ず銀行で分ける人数分の名義で受け取るようにした方が良く、ただし例外として受取人全員の署名・捺印がある委任状が有る場合は大丈夫です。

贈与税の税金は高いので、もし高額当選し、後で分配しようと考えた場合は、受け取り人全員の名義にしていないと後で高額贈与税を納付するはめになりますので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ