宝くじは、自分の買い方で楽しむのが最もいい方法です

最近は、昔と違って宝くじの種類が数多くあります。
大別すると、年末ジャンボなどの開封くじ、スクラッチなどの被封くじ、そしてロトの数字選択式宝くじ、この3つに分けられます。
それぞれの特徴は、開封くじはくじに番号が振ってあり、抽選によって当選番号を決めています。

1口が300円で、地方自寺治くじなどは100円からあり、ジャンボくじは1等の当選確率は約606万分の1で、ロト6とほぼ同等の確率となっています。

購入方法は、番号をバラで買う方法と連続番号を10枚単位で買う方法があり、ジャンボくじの最大の特徴である前後賞の影響で、多くの場合は連番で購入しているようです。
ロトくじとの大きな違いは、ロトは自分で番号を決めるのに対し、ジャンボくじは番号を指定して買うことはできません。

くじのタイプ別に必勝法を考えてみますと、まずジャンボくじの場合は、当選が数多く出ている売り場で購入する方法、複数の人で購入資金を集め、多量のくじを買って、当選した場合は均等に当選金額を分ける方法などがあり、最近ではインターネットを利用してのグループ買いをする人も多くいます。

ロトの場合は、買う人が番号を決められるので、様々な購入方法があります。
毎回同じ番号で購入する方法や、過去の当選番号のデータを統計にとって、抽選が多い番号を購入する方法などです。

しかし、完全確率抽選なので、データの偏りはないはずです。
短いスパンで見れば偏りはありますが、それでは参考にはならないでしょう。
やはり、購入する人が、自分の買い方で楽しむのが最もいい方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ