JALの株主優待制度について

日本航空株式会社は通称JALと言われる日本を代表する航空会社で、多くの投資家に支えられています。
日頃の感謝と今後の投資意欲を高めるために優待制度を設けており、毎年3月31日及び9月30日現在で名簿に記載されている投資家に対し、JALグループの国内定期航空路線の割引券を配布しています。

100株以上で割引券が1枚配布され、保有数に応じて割引券の枚数が増えます。
また、3年連続で同じ株を持っていた場合には、追加で割引券を配布します。

この割引率は、割引券一枚で大人運賃の一名分の片道一区間が50%割引になりますが、ファーストクラス料金には適用とならず、予約座席数も限定されており空席状況の確認が必要です。

しかし、年間を通して飛行機を頻繁に利用する方には大変優遇される制度ですし、無記名の割引券ですから家族や友人、知人等も一緒に利用出来ます。

また、JALパックツアー商品が正規旅行代金から7%割引券の発行も同時に行われます。

国内と海外と各2枚ずつの発行で、有効期限内に新規に予約した商品が対象になるため、優待制度を利用して旅行の計画を立てる方も多くとても喜ばれています。

割引が受けられるのは1枚で9名までなので、家族や友人との大人数での旅行でも安心です。
大手航空会社ならではの安定した資産運用が期待出来るため、個人投資家の多くは優待制度を大いに使えます。

また、個人投資家向けの説明会を行い、事業内容や今後の展開を説明していますので是非参加してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ