株の概要と取引方法について

株とは会社が資金調達のために発行するもので、事業で得た利益の一部は、その出資比率に応じて購入した投資家に配当されます。
基本的には、売り手と買い手の双方の同意によって売買は成立しますが、証券取引所に上場するものに関しては、直近の約定価格が時価の評価基準です。
会社の業績や計画、周辺の経済環境など、様々な要因によりその価格は変動し、この変動によって売買時に得た利益をキャピタルゲインと呼び、損失をキャピタルロスと呼びます。

一方で、配当による利益はインカムゲインと呼ばれ区別されるのが通常です。

株の取引に関しては証券取引所で行われていますが、一般の投資家は直接取引することが出来ない為、取引所会員である証券会社を通して購入することになります。

証券会社に関しては、インターネットが普及する前までは、実店舗での取引か電話などでの取引が通常でしたが、現在ではインターネットでの取引が即時性もあることから普及してきており、ネット専業の証券会社も増えてきました。

ネット専業の証券会社では、実店舗を持たないことや人件費の削減効果などにより、株の売買時の手数料を抑える動きが進んでおり、現在でも手数料での競争が盛んとなっています。

また、以前は取引に必要な口座を開設する際に手数料が徴収されていましたが、現在ではネット証券だけでなく、実店舗を持つ大手の証券会社でも無料となっているところが多いです。

最近は、2014年1月からNISA・少額投資非課税制度が始まったことなどから株式投資へのニーズが高まっており、より投資が身近なものとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ