協和と付いたら下の名で。他にも楽しい株の銘柄のニックネーム。

株の銘柄には、それぞれニックネームがあるのを知っていますか。
昔は電話での取次が主流だったため、同じような名前の会社を聞き間違えたりすると大変なことになりました。
相手に正確かつスピーディーに伝えるために使われるようになったのが、ニックネームです。

最初に「日本」とつく会社がたくさんあることは、想像に難くないでしょう。
その後に続く名前が「せいこう」といっても別の漢字で同じ音の会社は沢山有り、確かに紛らわしいものがあります。

その中の1つは他と区別するため、あえて名前では呼ばずに「アーム」というニックネームで呼ばれています。
由来は、当初は国産の兵器(arms)を作っていたからです。

また、「協和」とつく会社も多く、協和の後に続く名前が他にない場合は、その名前を使って呼ばれています。

全体的に見ると、大半はただ単に名前を省略したものが多いようですが、オルゴール、トケイ、レンズなどのように製造しているものや、取扱い製品がそのままニックネームになっているところもあります。

面白いところでは、薬酒の会社をマムシ、映画会社をチャンバラ、製薬会社のホルモンなどで、奥が深いものから浅いものまで色々あり、なぜそういうニックネームになったのかが知りたくなります。

他にも探してみると、動物のクジラやクマなどというのもあったりします。
傍から見るととても楽しそうですが、使っている人たちは真剣そのものです。

そんな場面で飛び交う株の銘柄のニックネームを、一度聞いてみると興味深いでしょう。
株について、そんなところから興味を持つのも良いのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ