株を売買する際、考慮しなければいけないのが手数料です

株を売買する際、考慮しなければいけないのが手数料です。
仲介している証券会社は、この手数料で収益を得ています。
インターネットで売買できるようになった今、昔に比べて随分と安くはなりましたが、それでもバカにできません。
そして、高かろうと安かろうと購入できる株は同じものですので、できるだけ安いところから株を購入することが得策だと言えます。

金額が高いか安いかについては、算出方法によるところも多いです。
いくつか種類があり、たいていの証券会社は個人で選択ができるようになっています。

約定金額の何パーセントといった算出方法を用いる方法や、約定金額によって何段階かに分けておき、その段階に応じて課す方法、一日の約定金額と約定回数が一定の範囲内ならば、一律で料金がかかるようにする方法などです。

どの方法が一番安いかについては一概には言えませんが、長期保有目的で数日に一回くらいしか取引をしない場合は、約定金額によって手数料が変動するタイプが良いでしょう。

短期保有で一日に何度も取引をする場合は、何回取引をしても一定の約定金額までは同一料金といった料金体系だとお得です。
かつて、約定料金がかなり安い時には無料のキャンペーンをしているところもありました。

証券会社を選ぶ際には、安い設定になっている会社を選ぶことが大切ですが、それ以上にその証券会社内での料金プランの選択が重要になってきます。

また、料金プランは変更されることもありますので、常に情報には注意しておく必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ