リアルタイム株取引の基礎知識

長く不況が続く日本国内において投資を行う場合には、様々な投資商品の中から最適な投資先を見つけ、さらに多くの証券会社から口座維持管理料や取引手数料などの条件や、各証券会社が提供している取引ツールなどについて比較を行うことが重要です。

少し前までは、証券会社の営業担当へ電話をかけて取引を行うことが必要でしたが、現在はインターネットを利用したオンライン取引が可能となっており、多くの個人投資家が投資市場へ参入しています。

このインターネットでの投資の大きな特徴は、リアルタイムで株式や金融先物商品、オプション取引などの投資商品の売買が行える点であり、投資商品の売買のタイミングを短時間で判断することが可能となっています。

このような状況から、1日で何度も投資商品を売買するデイトレーダーと呼ばれる投資家が現れ、大きな利益を得る投資家も存在しています。

自宅のパソコンから、株価の情報などをリアルタイムでチェックしながら取引を行うことが出来るようになった現在では、投資判断を行うタイミングが大変重要です。

チャート分析や指標によって売買のタイミングを判断することになりますが、短期間での分析には限界があることから、長期間の分析と短期間の分析を合わせて行うことが大切となっています。

短期間の株価等の下落によって焦って売却した瞬間に急激に値上がりする場合もありますので、平常心で投資を行うことがリアルタイム取引を行う場合のポイントとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ