株主優待は企業と個人の接点です

株式投資の魅力の一つに、株主優待が挙げられます。
これは、企業が自分の会社のことをもっと知ってもらおうという意図で行われているものです。
他にも、ストックホルダーを増やす目的もあります。

企業が行う優待には、いろいろな種類のものがあり、例えば、商品券やお米券を送ってきたりします。
これはオーソドックスなパターンですが、中には、自社の割引券や食事券を送ってくるような企業もあります。

さらに魅力的なものでは、自社で運営しているテーマパークの入場券を送ってくるケースも存在します。
家族を持っている人には、ありがたいパターンだと言えるでしょう。
エンターテイメント会社では、自社が企画するコンサートに招待しています。

これは優先販売であるので、実際にはお金を払わないといけませんが、所属アーティストが多数参加しているので、希少価値の高いコンサートとなっています。

アメリカでは、このようなことを企業は行っていません。
このような特別なサービスをするのであれば、業績の効率性を追求した方がストックホルダーに報いているという考え方があるからです。

しかし、日本の企業が行っているようなサービスは、企業と個人との接点ともなり、一定の効果があると言えますし、多少、遊び感覚があった方が投資も楽しめます。

今、株主優待を充実させようとしている企業は増えていますが、これは、投資環境を活性化させるためにも良い取り組みであると受け止められるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ