有価証券と有価証券台帳について

経済的に価値のある金銭や不動産、または商品などの品物に関わる権利や義務を表す紙面のことを証券と呼びます。
証券は、有価証券と証拠証券の2つに分けられ、そのうち有価証券は、株や国債などの金融商品のことを指しています。
そもそも有価証券というものは証券自体に価値があるもので、株式や債券、手形、小切手などがこれに該当します。

そして、証券を譲渡することで、有価証券の財産の権利等を移行させることが可能になるのです。
中小企業などの場合、有価証券の投資を行うケースは良くあることと言われています。

この場合、有価証券の運用等について定期的なチェックを社内で行う必要がありますが、これは、内部監査において重要なものでもあります。

そして内部監査は、有価証券台帳が無ければ銘柄毎の状況の把握などが出来ません。
有価証券台帳は、所有する銘柄毎に有価証券を取得した時の価額や所有数が管理記載されているものなので、決算を行う時に実査を実行し、台帳に記載されている内容との照合を行うなど、いろいろと確認する必要があるのです。

また、会社などが有価証券の取得を行う手順として最初にすることは、稟議書を作成することです。
その際には、有価証券の取得目的を明確にする必要があります。

短期、中長期、長期であるのかなどを明確にして、取得を行う有価証券の格付けや運用利回り、値上がり益などを確認できる資料を添付して進めていくのです。
そして、稟議書が通ることで決済を行い、取得に入る事になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ