有価証券報告書はEDINETで見られます

有価証券報告書は、上場企業など一定の条件に該当する企業が年に一度以上公表することが金融商品取引法で定められています。
以前は冊子を印刷していましたが、現在では金融庁のホームページからEDINETで閲覧できるようになり便利になりました。
EDINETでは有価証券報告書の他に、有価証券届出書や決算短信なども閲覧できるので、企業の内容を簡単に把握できます。

紙媒体での発行しかなかった時代には一般の投資家が閲覧するには不便でしたが、今では誰でも簡単に見ることができ、しかも、時系列で何期分も見たいといった場合でも、すぐに探すことも可能です。

インターネットなので、検索機能を利用することで知りたい情報が瞬時に見つかる点でも便利になりました。
有価証券報告書の印刷を手がけていた大手企業も、以前から電子化の流れに沿って対応していましたので、スムーズに移行できています。

株券ですら電子化されている時代ですので、決算関係の書類が電子化されるのも必然といえるでしょう。

企業の情報開示が強く求められる時代背景もあって、決算関係の書類を積極的に開示することは企業の側でも真剣に取り組んでおり、自社のホームページなどでもIRに力を入れていますが、IRにおいても決算内容や財務諸表はEDINETにリンクさせている企業が少なくありません。

既にその企業の株式を保有している投資家も、これから投資を検討しようと考えている投資家も平等に情報開示をインターネットで受けられる仕組みになっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ