有価証券売買は資本証券と言われる株や債券のことを言います

有価証券とは紙である証券自体に経済的価値がある物とされていますが、実際にはどんなものが有価証券と言われているのでしょうか。
株式や債券、手形、小切手などは、紙の証券を譲渡し財産権利を移すことが出来ます。
ここでいう有価証券売買は、資本証券と言われる株や債券のことを言います。

株取引をする時には、専門の用語や知識が必要になりますので、株の取引を始めるために、株式市場の仕組みなど知識を仕入れましょう。
まず、株式の意味として、株式会社は資金を集めるために株式を発行します。

発行された株は有価証券と言われ、この株式を売り買いすることを有価証券売買と言います。
株式を売ったお金をもとに、企業は資金を会社の運営の為に投資し、その投資した結果、利益が出ると株主に配当金と言う形で還元されるのです。

株式は、オンライントレードによって各証券会社のホームページから購入することが出来ますし、また証券会社の窓口に直接出向いても良いのですが、最近は手軽さもあって先述のオンライン取引が増えています。

どんな会社の株式を購入するといいのか迷うところですが、経済に関係する新聞雑誌などをよく読み、今現在儲かっていて勢いのある企業を予測することから始めます。
儲かっていそうでも、会社の中身が分からないと不安ですから、価格以外のこともよく調べることが大事です。

株式の売買で重要なのは、利益を上げるために株式の売買をするのか、株主の優待や普段の生活に役立てるために購入するのかをよく考えてから購入することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ