店舗を持たないSBI証券などのネット証券会社

近年、インターネットが普及した事により、ネット証券が急速に伸びてきています。
ネット証券では、全てのサービスはオンラインで提供される為、原則として営業店舗や営業員が存在していません。
以前は証券会社に行き、証券会社の営業員と話をしながら取引を進めていかなくてはいけませんでしたが、インターネット上で取引を行う事が出来る為、営業員と接し、営業員から勧められた取引が断りづらいなどの面倒なやり取りやストレスが減りました。

また、証券会社としても店舗の維持費や人件費等のコストを大幅に削減する事が出来るようになった為、従来の証券会社に比べると、売買にあたり必要になる手数料などが低く設定され、利用者はコストを抑えて取引を楽しむ事が出来るようになっています。

このように、ネット証券の需要が増えた為、沢山のネット証券会社が存在するようになりました。

SBI証券もその中の一つです。
SBI証券は、日本のネット証券の先駆者として様々なサービスを行っています。

株式等の有価証券の売買注文の委託業務や、有価証券の引受業務など、様々な商品やサービスを取り扱っている為、沢山の顧客から支持を受けています。

昭和19年に大沢証券株式会社が設立され、平成11年にはイー・トレード証券株式会社に社名を改称、その後SBIイー・トレード証券株式会社に改称され、平成20年に現在の社名に変更されました。

SBIホールディングスの子会社の証券会社であり、手数料の安さが特徴とされている証券会社です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ