ロト6の当選番号を決定する抽選機と抽選方法について

数字選択式宝くじで広く支持されているロト6の当選番号は、電動攪拌式遠心型抽選機を使用して決定されます。
夢ロトくんの愛称で親しまれているこの抽選機は、東京と大阪にある宝くじドリーム館に設置されていて、毎週月曜日と木曜日の抽選日に使われます。
ステージ上の床が一部回転式になっており、床を回転させる事により夢ロボくんがステージ上に登場します。

では、一体どの様な仕組みで抽選が行われているのでしょうか。
まず、1から43までの数字が書かれたボールを機械上部の攪拌機内で撹拌し、機械中部の本数字を選ぶパレットに落とします。

機械を回転させて遠心力によりボールを壁面に散らばせた上で、6個のボールを取り出し口から交互に無造作抽出し、続けて残りのボールの中から同じ方法でボーナス数字を1つ決めていきます。

夢ロボくんの本体の高さは2メートル以上で、総重量は250キログラムで、攪拌機の回転数は1分間に55回する事で知られており、数字が書かれているボールは低倍発砲スチロール製でウレタン塗装されています。

各ボールは直径5センチで、重さは14グラムと決められており、また、抽選前にはボールを一つずつ審査してから抽選会で使っています。
キャリーオーバー時の最高当選金額が4億円であるロト6は、1等から5等までを選んだ数字と当選数字との一致数によって等級が決まります。

1等の当選確率が他のロトくじより低い分だけ最高金額が高額になりますので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ