最近人気のロト6の4等当選確率は、9,900/6,000,000程と言われています

最近では、種類が増えている宝くじの中でも、特にロトやナンバーズといった数字選択式宝くじが人気となり注目されています。
その中でも、当たれば2億円のチャンスが週2回あることで話題のロト6は、毎回購入金額が増える傾向にあります。
当選者がいない場合、その当選金額が次回に繰り越されるキャリーオーバー制を取っていることでも話題を呼び、同じくキャリーオーバー制をとっているロト7と共に毎回購入する人が多く見受けられます。

ロト6は1~43の中の6個の異なる数字を選び、専用のシートの数字を塗りつぶして購入します。
抽選で確定した当選数字と一致した数で1等~5等が決まりますが、ナンバーズとは異なりその時の数字の並びは関係ありません。

当選金額は発売額と当選口数によって変動し、当選確率は1等で約1/6,096,454と言われ、2等は約6/6,096,454、4等は約9,900/6,096,454程と言われており、ゴルフでフォールインワンを出す確率と同じくらいではと囁かれています。

ジャンボ宝くじの1等の当たる確率が1/10,000,000と言われていますので、単純に考えればロト6の当選確率の方が高いと言えます。

当選金額は1等約1億円、2等約1,500万円、4等においては約9,500円となっていますが、理論値での金額になりますので毎回変動があるのが現状です。

選ぶ数字に迷った時は、コンピュータが自動で数字を選んでくれるクイックピックを利用すれば購入も簡単なので、節目などでの運だめしにいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ