ロト6の出目表を参考にしよう

宝くじは、日本においては当選金付証票法に基づいて発行される富くじであり、古くは江戸時代などに神社や寺の修復費用を集める目的のために富くじとして発行されていました。
最近では、様々な形式の宝くじが全国各地にあるチャンスセンターで販売されており、中でもロト6は、1から43までの数字の中から異なる6個の数字を選んで購入する数字選択式宝くじです。

2000年10月から全国で販売が始まり、1等の当選金は最高で約2億円で、一攫千金を狙う最大のチャンスがある宝くじとして人気があります。
キャリーオーバーがある場合は最高で4億円のチャンスがあり、数字を選ぶだけなので購入する人も多く存在します。

このキャリーオーバーは当選者がいない場合、その等級の当選金総額と1口当たりの当選金が法定最高金額を超えた場合の超過額を、次回の1等当選金額総額に繰り越すというシステムです。

ロト6は数字を選ぶのですが、自分で好きな数字を選んだり、チャンスセンターに設置されているクイックピックと呼ばれる機器を使用して選ぶ人もいます。

中には過去の数値が集計されている出目表を参考にして、次回の予想を立て綿密に計算しながら数字を選ぶという方法もあります。
最近はインターネットでも情報を見ることが可能で、参考になる出目表を気軽に見られるサイトも非常に多いです。

このくじは毎週月曜日と木曜日の午後6時45分から抽選を行なっていて、1口200円で販売していますので毎週2回のチャンスを気軽に試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ