不動産投資に失敗しない為のリスクマネジメント

投資には不確実性や危険性などが付きものであるということは誰もが知っていることでしょう。
様々な種類がある投資の中でも、不動産投資はミドルリスクミドルリターンの投資であると言われています。
これは、安定性は高いが見返りの少ない銀行の預貯金に比べてリスクとリターンが高く、預貯金より見返りは多いけれど安定性が低い株式投資よりも低めであることからきています。

不動産投資は、利益を得る目的で不動産に資金を投じる行為です。
取得した不動産を経営して家賃収入を得るインカムゲインと、売却して利益を得るキャピタルゲインを期待して行います。

毎月安定した収入が得られ、工夫次第で収益が上げられるとして注目されていますが、投資を成功させる為にはリスクを管理し、損失の回避・低減を図らなければなりません。

不動産投資なら、他の投資では難しい不確実性や危険性に対する備えができます。

不動産投資のリスクとして、人的・自然災害や経済変動が考えられ、これらは避けて通ることはできませんが、損失を最小限に抑えるために備えておくことは可能です。

例えば、耐震基準に合格した物件を選ぶ、家賃保証会社と契約する、住宅保険に加入するなど様々な方法が挙げられます。
これらの備えは投資手法や投資対象によって変わりますが、不動産の特性をつかんで理解することで対応できる魅力的な投資と言えます。

不動産投資では、購入時・所有時・売却時のリスクマネジメントをしっかりと行い、万が一の損失を最小限に抑えられるように備えることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ