投資型不動産への投資について

投資型不動産とは、利益を得る目的で購入するアパートやマンションなどの不動産のことです。
そうした不動産物件で利益を得る方法としては、物件の値上がりを期待して物件を購入し売却益を得る方法や、購入した物件を賃貸することでの家賃収入を得るといった方法があります。
不動産価格が右肩上がりとなっていたバブル期までは、物件を購入して転売を行うケースが多くありましたが、相場が回復基調にあるものの急激な値上がりが望めない現在では、家賃収入によって利益を得る方法が主流です。

こうした投資型不動産への投資のメリットとしては、入居者が安定している場合には毎月家賃収入が得られる点や、赤字が出た場合や減価償却によって節税効果が得られる点が挙げられます。

デメリットとしては、入居者が入らないなどの空室リスクや、定期的な修繕などのコストがかかること、そして、すぐに売却出来ない流動性の低さがあります。

こうした投資型不動産は、様々な不動産会社や不動産物件検索サイトで収益物件などの名称で閲覧が出来、公的年金への不安などから私的年金としての役割も注目を集めています。

副業として、不動産投資を行う場合の資金について悩んでいる場合には、収益物件を扱う不動産会社に相談することで、会社と関係の深い金融機関を紹介してもらえるケースも多いです。

投資型不動産への投資にはリスクもありますが、事前に十分なシミュレーションを行うことなどでリスクを小さくすることは可能なので、資産運用を考えている人は検討してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ