不動産投資に役立つ融資情報

安部内閣の斬新な改革により、株価が上昇傾向であることや、円安といった現象で近頃は不動産投資の動きが盛んになってきています。
日本国内をはじめ海外に目を向ける方も多く、投資は注目を集めています。
不動産の投資をする場合、まずは融資を行なってくれる所を探すことから始まります。
金融機関の種類は、日本政策金融公庫と商工組合中央金庫等の政府系金融機関と、都市・地方銀行、信用金庫、信用組合といった民間金融機関があります。

政府系金融機関は、民間金融機関に比べ低金利であることと手数料がかからない点がメリットですが、一方で、不動産担保を求められたり審査が厳しいといった一面も見られます。

また、民間金融機関は、都市銀行が金利の面では最も条件が良くお得です。
ローンの種類を見てみますと、「アパートローン」や「不動産投資ローン」等があり、民間の各金融機関の特色のあるものも用意されています。

金融機関によって融資金額、金利、融資期間が異なりますが、各銀行とも融資金額は概ね1億円以内の設定が多いです。
政府系金融機関も、不動産賃貸業を支援する公的融資を用意していたりと、不動産投資を後押ししています。

さらに、審査の基準は住宅ローンよりも厳しいと言われていますが、審査が通りやすいポイントとして、自己資金の割合が大きい、年収や収益性が高い、または利回りが良いといった収入と物件の善し悪しも重要になってきます。

良い物件探しから始まり、資金計画を十分行って、手始めに政府系金融機関に相談をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ