アパートに対する不動産投資の現状

不動産市況が過熱している今、首都圏ではアパートやマンションへの投資が盛んです。
様々な条件や環境など、物件に関して見極める力を養うことは、不動産投資には重要なポイントと言われています。
近年、銀行をはじめ証券会社などにおいて、不動産投資セミナーが盛んに行われています。

立地選びからローンに至るまで、資産形成に係わる様々なノウハウを専門家が伝授しており、多くの人で賑わっています。

また、アパートローンと呼ばれている商品も出て来ており、不動産への投資にも積極的に融資を進めている金融機関も多くなってきています。
そして、アパート物件の中でも注目されているものに木造があります。

そのメリットして挙げられるのが、建て替えや取り壊しが比較的容易に出来るという点で、今、流行のリノベーションといった自助努力で価値を挙げることも可能ですし、更地にして売却することも出来ます。

このように融通が利き、何といっても土地だけは残るという点が注目されている理由で、特に1棟買いに目を向ける動きがうかがえます。

区分所有の場合、空きになった時に家賃は入らないのに管理費を払わなくてはいけなくなるというリスクがありますので、資金計画は慎重を期し、収支のバランスは重要となります。

マンションにするかアパートにするかは人それぞれですが、入居者がいて初めて成り立つことなので、選択するエリアや物件の種類、物件を買うまでの準備など、不動産投資は入念な計画は勿論、地域性や住んでいる年齢層といった将来性も考える必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ