投資用不動産情報を入手したら自分で現地調査をするのが不動産投資の基本

高齢化の進展に伴う年金財政の逼迫などから将来の生活に不安を持ち、少しでも資産を増やそうと資産運用を考えている人は多くいます。
資産の運用方法は、株式投資や債券への投資、外貨投資、先物取引など様々ありますが、これらの投資にはそれぞれメリットとデメリットがあり、それを見極めて投資する必要があります。
例えば株式の場合は、投資先の企業が倒産すると一夜にして株券の価値がなくなるといったケースも考えられます。

そこで、リスクの分散といった観点から不動産投資の重要性が見直されています。
不動産投資とは、建物物件を購入して建物の所有者となり、購入物件を借り手に貸して、借り手から家賃を貰うという仕組みです。

勿論、不動産投資にも空室が多くなると家賃が入って来ないというリスクがありますが、建物自体がなくなる訳ではなく、借り手を探す方策を考える余地があります。

では、不動産投資の初心者にとって、投資用不動産の情報はどのようにしたら集められるでしょうか。
手っ取り早いのは不動産投資の経験者に話を聞くことです。

但し、身近に不動産投資の経験者がいる幸運はそうはないので、書籍や住宅系の雑誌、インターネットなどを見て情報を得るのが一般的になっています。

そして、不動産投資で大切なのは、そういうメディアから得た情報、例えばアパートやマンションの情報について、鵜呑みにせず、自分の足で見て回るということです。

情報を鵜呑みにして急いで物件を決めた結果、うまくいかなかったという事態は避けましょう。
投資用不動産情報を入手したら、自分で現地調査をするのが不動産投資の基本です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ