様々な形態がある不動産投資

景気が回復傾向にあるものの依然として銀行の金利は低いため、資金運用の手段として積極的な投資を行う人が増えてきています。
その投資対象はNISA・少額投資非課税制度と、相場の活況から人気を集める株から、新興国に対する投資を行う投資信託など様々ですが不動産にも注目です。
不動産投資としてイメージしやすいのが、マンションやアパートの全部、もしくは1室を購入して入居者からの家賃収入で運用するといった方法で、現在では管理や入居者の募集などを請け負う企業も多くなっています。

そういった企業では、万が一、空室が続いた場合にも家賃の保証を行なっている所もあり、自社で建築、または企画した物件を提供するスタイルが一般的です。

そういった専門業者だけではなく、通常の不動産会社でも似たようなサービスを提供しているので、選択肢が幅広くなっています。

また、個人ではなかなか投資対象とすることが出来ない大規模な商業施設などの投資をしたいというニーズに応えるのがREIT・不動産投資信託で、多くの投資家から資金を集めることにより、大きな物件や複数の物件に投資が可能です。

日本で販売されているJ-REITは中途解約が出来ませんが、証券取引所に上場しているため、実質的には市場で売買することが出来ます。

また、大きな特徴としてJ-REITの運用会社は収益の90%を超える水準で分配金を支払うと法人税がかからないので、J-REITはより多くの分配金が期待出来る金融商品だと言えます。

このように不動産投資には様々な形態があるので、自分の用意出来る資金や投資目的に応じて選択しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ