投資先として最適な不動産海外物件は東南アジア4か国

現在、日本国内の不動産価格は、景気回復や東京オリンピック開催の波を受けて上昇傾向にあります。
従って、売却目的で国内物件を所有しているなら今後売り時となるでしょう。
しかし、不動産海外物件の中で、特に東南アジア4か国であるマレーシア、フィリピン、タイ、ミャンマーでは今が買い時となっており、30から50%という高い利回りを見込める物件が続々建設され販売されています。

これらの国は世界中で最も成長が著しい新興国であり、しかも人口の多い国です。
経済成長率が5~7%を維持しており、若い世代が多い人口構成比からも、この経済成長は今後20年以上は続くと見られています。

GDPは毎年大きく伸びを見せ、鉄道や高速道路、ビルなどの社会的インフラの整備が急ピッチで進んでいます。
現在、地球上で投資用の不動産海外物件として最適であると言っても過言ではありません。

但し、留意すべき点として、将来部屋を貸せる物件、売れる物件に投資することで、物件の選択が重要となります。

例えば、巨大なコンドミニアムが完成すればその数だけライバルも多くなり、完成後一斉に売りに出されて買い手が見つからないといったケースが出る可能性もあります。

収益が見込める地域や最終的な出口を意識した物件、現地の税制を意識した選び方が必要です。

よりライバルの少ない市場で物件を購入し、その物件の利回りを得るのか、値上がりを期待するのか、その両方を得るのか、投資目標を定めることも重要になります。

上記条件に適した投資用の不動産海外物件として、東南アジア4か国の物件がお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ