不動産投資に入門する際の投資形態

バブル期の不動産投資は、土地などの値上がりを期待して、転売をして売却益で収益を上げようとするものが多くありましたが、現在では、マンションなどの物件を購入して、これを賃貸して得られる家賃収入を収益化する方法が主流です。
これは、十分な自己資金が無い時にローンを組む場合にも有効な方法で、見込まれる家賃収入がローンの支払いを上回れば、ローンを支払いながら収益を上げることが出来ます。

こうした好条件の物件を探すのはもちろん容易ではありませんが、そんな入門者のために様々なセミナーが不動産業者の主催で行われています。

例えば、ある会社ではこうしたセミナーが無料で行われていると同時に相談にも乗ってくれる体制を整えており、入居者募集や家賃の集金、メンテナンスといった管理業務を代行するところもあり、手を煩わせることがありません。

好循環を実現するために一番気になることは空室リスクですが、こうしたリスクに対しても空室保証をしてくれる会社も多くあります。

また、複数の出資者で投資するために、個人では投資することが難しい商業施設など規模の大きい不動産にも投資が出来る「REIT・不動産投資信託」と呼ばれる投資信託も注目を集めています。

REITは証券会社や銀行などの金融機関で取り扱っているため、入門者はまず、こういったところで商品の概要の説明を受けることをお勧めします。

不動産投資と一言で言っても様々な形態があり、入門者は自己資金と投資の目的を充分に検討して、投資対象を決定することから始めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ