不動産投資ファンド仕組みは主に投資法人と投資家による不動産運用になります

不動産投資ファンド仕組みは、その名称が表す通り、主に不動産を投資対象とした投資信託になりますが、複数人の投資家によって資金を拠出し、投資法人を通じて出資を行うことで直接的には不動産を所有せず、 分配金として収益を上げていくという仕組みのことです。
不動産とは土地や建物のことを指し、その売買や維持・管理には多額の資金と手続きにも相応の手間や時間を要する為、 簡単に投資することが難しいものになります。

ですが、このような投資の難しい印象のある不動産でも、投資家複数人による出資を1つの大きな集まりとして投資法人に出資することで、個人ではなかなか売買取引が困難とされる、大規模な土地開発にも投資出来るようになりました。

他にも、出資先の投資法人が運用に関する手続きなどを行うため、あとは投資先の運用成果を待ち、その成果と投資率に応じた分配金を受け取るという、間接的かつ簡単なものになります。

そして、投資法人は投資家から資金を募集し、それを原資として、投資専門の法人それぞれの投資基準(商品)や運用戦略に従って、オフィスビルの開発や住宅などの不動産など、さまざまなものに投資をします。

これらの投資から得られる各種不動産の賃貸収入をもとにした利益を、分配金として投資家に定期的に分配するなど、これが不動産投資信託(REIT)の基本的な考え方とされ、このREITは、証券取引所でも売買が可能であり、小額からの投資を行えることや、利益の90%以上が分配金として支払われているため、安定性も高い長期的な投資に向いています。

長い目で投資を考える場合、この不動産投資信託がおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ