海外不動産投資ローンの概要について

不動産投資ローンとは、不動産投資に必要となる資金の提供を目的とした融資の事です。
日本では、銀行や信販会社などが取り扱っており、不動産投資を行う機関投資家や個人投資家によって利用されています。
日本での不動産投資ローンの歴史は浅く、組成量はそれほど多くはありませんが、不動産投資がブームとなった2000年前半以降は、組成量は増加傾向にあります。

これに対し、海外不動産投資ローンとは、海外の不動産投資に必要となる資金の提供を目的とした融資の事です。

日本の金融機関の中で海外不動産投資ローンの取り扱いを行っている業者の数は少なく、海外不動産投資を行う人の大半は、投資を行おうと考えている国の金融機関から直接借入を行うケースが多いです。

海外の国々の中でも、特に米国などでは不動産投資ローンの組成が活発に行われています。

これは、米国では、不動産投資は株式投資や債券投資と並ぶくらい一般的な投資商品であり、多くの投資家が取引に参加しているためです。

先述の通り、日本では不動産投資ローンの取り扱い業者は、銀行などの一部の金融機関や信販業者に限られていますが、米国では銀行の他にも、生命保険会社や年金基金などが積極的に不動産投資ローンの組成を行っています。

組成量が多いために貸し手業者間の競争が激しく、特に優良物件を担保にした不動産投資ローンの場合は業者間の競争の激しさから、投資家にとって有利な条件で貸付を受けられるケースが多いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ