不動産投資をするうえで有効となる資格には、宅建や不動産鑑定士などがあります

誰もがうらやむ不労所得には様々なものがありますが、株式投資などがその典型でしょう。
なかでも不動産投資は、とても魅力的な投資のひとつです。
そのため、不動産投資は不労所得を目指す人であれば一度は検討するものでもあります。

しかし、不動産投資のデメリットとしては、初期投資が高価となってしまうことが挙げられ、不動産を取得するためには何千万円とお金が必要になってきます。

そのリターンの魅力の反面、初期投資のハードルの高さがネックとなるのです。
ですから、まずは資金をどのように調達するのかが鍵となります。

そして、高価な投資ですから失敗は許されませんので、それなりの経験と知識が必要となってきます。
だからといって、もちろん誰もが経験と知識を持ち合わせているわけではありません。

そこで有効なのが、投資をするうえで有効となる資格取得を目指すという考えです。
不動産関連で最も有名な資格には、宅建があります。

宅建とは、不動産業を営むために必要な資格で、不動産登記法や区分所有法、建築基準法など、不動産関連の法律が出題されるため、それらの学習をしなければなりません。

それらの法律は、不動産を売買するうえで基本となる法律なので、知っていて損はありません。
また、不動産鑑定士や不動産コンサルティングもあります。

これらは実際に不動産を鑑定するうえの技術や知識を習得するものですので、投資をするにあたり習得しておけば大変有利になります。
たとえ習得に至らなくても、知っておくだけでも役に立つものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ