不動産投資には、2通りの投資法が有ります。

現在の生活の為に、また、将来の老後のことを考えて、投資を行う方が非常に多くいます。
その中でも、不動産投資が現在大きな注目を集めています。

不動産投資には、不動産を購入して販売する投資法と、不動産を購入して経営する投資法の2通りの方法が有り、不動産を購入して販売する投資法とは、将来地価が上がる可能性を見越して不動産を購入しておき、いざ地価が上がった際に売ることによって差益を得る投資法です。

その不動産の周辺の都市開発状況や、実際の不動産の価値を見抜き、先見の目を頼りに行う投資法となります。
大きな投資額も必要となりますし、様々な情報に精通している方でないと、なかなかこの投資法を上手に活用することは出来ないものとなり、素人では投資を行うのは難しいと言える手法です。

もう1つの、不動産を購入して経営する方法ですが、一軒家やマンションを購入することによって、その不動産のオーナーとなり、その物件を賃貸することによって利益を得る投資法です。

この投資法に関しては、初期投資金額は不動産を購入する頭金だけでも行うことが出来ます。
賃貸して家賃収入を得ることによってローンの支払いを補い、ローンの支払いが終わった時点で継続して賃貸した分の家賃はご自身の収益となります。

また、ローンの支払いを終えた時点で不動産を売却することによって利益を得ることも出来ます。
このように、不動産投資には2通りの投資法が有り、どちらの投資法がご自身に合っている投資なのかを判断して行う事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ