不動産投資で成功するための秘訣はあります

中古ワンルームマンションでの不動産投資で成功をしたいのであれば、東京23区内の物件を購入することをお勧めします。
中古ワンルームマンション投資で一番肝心なことは、空室期間をできるだけ短くすることです。
しばしば、利回りと販売価格ばかり気にして中古ワンルームマンションを選ぶ人を見かけることがありますが、これは良い方法とは言えません。

入居者がいて初めて、利回りが発生するのです。
家賃収入がなければ、収入がないどころか、管理費や修繕積立金等の支出により、持ち出しが生じてしまいます。

まずは、空室になりにくい物件かどうかということを吟味することが大切なのです。
空室リスクを避けるためには、エリア選択が重要になってきます。

東日本で中古ワンルームマンション投資をするのであれば、東京23区内に限定をした方が良いでしょう。
なぜならば、このエリアは日本全体の人口が減っているなかでも、人口の流入が続いているエリアだからです。

今後、日本の人口は減少し続けますが、どこのエリアも万遍なく減っていくわけではありません。
急減するところがある一方で、増加するところもあるのです。

つまり、人口分布の二極化が今まで以上に進むと予想できます。
中古ワンルームマンション投資は当然のことながら、人口が増えるエリアを選ばなければなりません。

その顕著なエリアが東京23区内というわけです。
不動産投資で成功したいなら、多少利回りが悪くても、確実な収益を得ることを考えていくべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ