オンライン証券を利用したネット取引を考える

パソコンからインターネットを利用しての株やFXの取引が簡単になり、自宅にいながらやり取りが可能な為、主婦などにも人気が高く定着しています。
取引を開始するにあたって必要なのは、まずオンライン証券の証券口座を開設することです。
証券会社にも様々あり、株で言えば手数料の違い、取扱い金融商品の違い、配布されているトレードツールの使い勝手の違いが挙げられます。

FXにおいては、各業者に設定されているスプレッドの違いが大きいです。
いずれの方法も、経験を積みある程度ノウハウがわかってくると、いくつかの証券口座を使い分けることで自分に有利な取引が可能になります。

口座が開設できれば早速入金して取引を開始しますが、ここで注意したいのが、運用資金は必ず余裕資金で行うということです。

実際に運用させるのは当然現金ですが、ネット上になるとただの数字でしかなく、やり取りをしているうちに感覚が麻痺してきて、ゲーム感覚になってしまいがちです。

損失を抱えてしまっても、いつか取り返せると意地になってしまい更なる負の連鎖に陥りかねません。
そんな時に全資産を投入していたのでは、取り返しがつかなくなるのは言うまでもないことです。

リスク管理の面から言っても、当然保有する資産は分散させるべきで、それは保有株式や為替にも言えます。
特にFXは、現物ではなく信用扱いになるので尚更リスク管理は重要です。

自分の中でルールを決め、それを確実に実行して初めて、比較的安定して利用できるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オンライン証券

このページの先頭へ