初心者でも簡単に取引が可能なオンライントレード

パソコンを利用して、初心者でも簡単に利用できるようになったオンライントレードは、インターネット上で取引が行える為、自宅からでも取引が可能であることから主婦などにも人気が高いです。
オンライントレードと言えば、株式取引と外国為替証拠金取引がまず思い浮かびます。
しかし、それぞれ特徴が違うので比較考察していきましょう。

株式取引は、ニュースなどで取り上げられている日経平均や、TOPIXなどといった中に含まれる株式の中で取引を行うことで、基本的には日中の取引となります。

企業の業績や、アメリカの経済指数であるダウ平均株価に影響されることが多く、単純に言ってしまえば、株式を安く購入して、高くなったところで売却することで利益を得ることができますが、その目的以外でも優待制度を適応している企業の株式を保有することで独自のサービスを受け取ることも可能です。

昔に比べて簡単に取引が可能となった為、長期保有するよりも短期売買で利益をあげるデイトレードが主流となっているのも株の特徴だと言えます。

一方、外国為替証拠金取引はFXと呼ばれ、為替の変動を利用して利益を上げるものです。
世界情勢や政策などの影響を強く受け、土日を除く24時間常に変動を続けています。

その為、日中の取引ができない人にお勧めしたい取引です。
FXについては株と違って、現物でなく信用取引になるのでリスク管理がかなり重要となります。

いずれの方法も、証券口座の開設が完了すれば取引自体は簡単にできるので、初心者でも入りやすい方法です。
ネット上で紹介されているブログなどを参考にして、まずは知識を高めるのも面白いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オンライン証券

このページの先頭へ