オンラインでの先物取引の特徴

近年、各金融機関が様々な金融商品を提供しています。
身近なものとしては、株式、債券、ローン、外国為替などが良く知られています。
これらのリスクコントロールを目的としたり、収益を上げるために活用されているものがデリバティブです。

このデリバティブは、元となっている金融商品と関連性が強いために、金融派生商品とも呼ばれています。
デリバティブには、先物、オプション、スワップといった種類があり、この中でも先物取引は、私達の身近な金融商品にも大きく関係があるため、その特徴を把握しておく事が大切です。

ここでは、先物取引の特徴についてお話致します。
まず最初に、この取引は将来の売買について予め売買価格を決めてしまう取引です。

近年、インターネットの急速な普及により、この取引はオンライン上でも行えるようになりました。
この取引により、事前に売買価格を決めておくことで、市場で価格変動が起こりやすい商品売買のリスクを低下させる事が可能です。

次に、この取引で利用できる空売りという特徴について説明します。
空売りとは、実際に現物を所有していなくても売る事が出来る取引です。

この空売りの特徴として、取引対象物の価格が下がれば下がるほど利益が出るという点があります。
そして、この取引では買いからでも、売りからでも入る事が出来ます。

このように、この取引には他の投資には無い特徴があり、金融商品を選択する際にはこれらを十分に理解しておく事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オンライン証券

このページの先頭へ