日興コーディアル証券で株式売買するならダイレクトコースがお得。

SMBC日興証券は野村証券、大和証券と並ぶ日本三大証券と呼ばれる日興コーディアル証券の社名変更後の名前です。
三井住友銀行が100%出資している、三井住友グループの証券会社です。
三井住友グループに加わる前は、日興コーディアルグループや米シティグループなど、世界有数の大手金融グループに身を置いていたこともあり、社名も日興証券や日興コーディアル証券と変化してきました。

SMBC日興証券は、取り扱っている商品が日本株式の他に中国株や海外EFT、債権などと豊富なため、上手くリスクを分散しながら資産を増やす分散投資に向いています。

また、SMBC日興証券は定期預金よりもお得な円建て社債の取り扱い数も多い証券会社です。
ですので、債権(社債)に興味がある人は特に、いつお得な社債の募集が始まっても良いように早めに口座開設を済ませておくことが賢明です。

なお、SMBC日興証券には主にインターネットを利用して取引を行うダイレクトコース(日興イージートレード)と、最寄りの視点での取引や手続きが主となる総合コースの二種類があります。

総合コースは支店の担当者がつくため丁寧なアドバイスが受けられますが、その分売買手数料も高めになっています。

一方、ダイレクトコースは口座開設の申し込みやキャッシュカードの発行手続きで支店に行く必要がないことから担当者がつくサービスがありませんが、口座管理料が無料であったり、信用取引の売買手数料無料、現物取引の売買手数料7割引といったメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日興証券

このページの先頭へ