大手三大証券会社の1つ日興SMBCをみてみましょう

日興SMBCは、日興コーディアル証券の社名変更後の名前です。
更に、もともとは日興証券だったといえば、多くの人が見聞きしたことがある名前だと思います。
日本三大証券の一角を占めるこの証券会社の特徴としては、日本株式以外にも、中国株式、海外ETF、債券など豊富な商品を取り扱っているために、リスク分散投資を行うには最適な証券会社と言えるでしょう。

また、日興SMBCでは、RSB債など銀行の定期預金よりも金利が高い円建て社債の取扱いが多いのも特徴となっています。
したがって、この証券会社を利用する場合には、株式だけでなく、債券投資も視野に入れておいて、良質な募集があった場合にはいつでもそれに対応できるように、債券口座も保有しておくと良いでしょう。

口座としては、インターネットでの取引を行うダイレクトコースと、店頭窓口で取引を行う総合コースがあります。
ダイレクトコースの方がさまざまな点でメリットが大きいです。

すなわち、現在のところ、口座維持費が無料である、現物取引の売買手数料が70パーセントの割引が受けられる、信用取引の売買手数料が無料である、コンビニATMが利用可能であるなど、取引上の利便性がとても高くなります。

また、上級者向けのトレードツールであるパワートレーダーでは、詳細な設定で、あらゆる角度から投資効率や投資分析をサポートします。

投資商品が多いこと、金利が高い商品を取り揃えていること、さらに上級者向けの体制を整えている、という点で、バランスのよい投資を行うことを可能にする証券会社といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日興証券

このページの先頭へ