投資信託における分散投資効果

実際に個人で投資する場合のリスクマネジメントの方法としては、実物取引と先物取引といった異なる取引を組み合わせて行うものがありますが、投資信託においては、リスクマネジメントに関しても商品の中で行なってくれます。
これが個人で少額投資を行うのとは違って、集めた資金をまとめて投資をすることが出来るスケールメリットの一つで、商品の中でも、相場の動きの傾向が異なる特徴を持つ資産に分けて投資するのが分散投資です。

そうして分散して投資を行うことで、もし一つの資産の資産価値が何らかの理由で下がった場合にも、リスクを軽減することが出来ます。

各投資信託によって投資を行う方針は異なるので、目論見書などを確認することが重要ですが、リターンを大きくしたい場合には、リスクもこれに比例して大きくなるのが一般的です。

こうした分散投資や投資判断を行うのは専門家であるファンドマネージャーで、投資である以上元本の保証はありません。
しかしながら、想定されるリスクなどに関してはどの商品に関しても記載されているので、良く理解する必要があります。

このように、投資信託は少額から投資することが出来る上、分散投資によるリスクマネジメントも行なっており、一気に高収益が期待出来る性質のものではありません。

完全に安全という商品は存在しませんが、投資対象としての投資信託は安定した利回りが初心者でも期待出来る金融商品となっているので、自分に合った商品を選んで投資してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ