TOPIX連動型上場投資信託の特徴とメリット

TOPIX連動型上場投資信託とは、上場投資信託・ETFの1つである金融商品で、証券取引所に上場しているため株などと同様に取引が出来、TOPIXの動きに近い運用が期待出来る投資信託です。
日経平均株価とTOPIXは良くニュースの中でも紹介されているので混同する人も居ますが、日経平均株価は東証1部上場銘柄から日本経済新聞社が選定した225銘柄を平均した株価のことを指します。

この平均株価に組み込まれる銘柄については不定期に入れ替えられることがあり、指数の全体の動きが株価の高い銘柄によって左右されやすい点が特徴です。

一方で、TOPIXは東証株価指数を指し、東証1部上場の全銘柄を対象とした指数で、時価総額の高い銘柄の影響を受けやすい指数となっています。
どちらも東証1部の価格の傾向を示す指標で、身近な指標であるので上場投資信託の中でも初心者向けと言われる商品です。

日経平均株価を対象とする上場投資信託やTOPIX連動型上場投資信託のメリットとしては、通常の投資信託に比べて様々な販売時などの手数料が比較的安価であることが挙げられます。

また、1社へ株式で投資することに比べれば、株式市場全体へ投資する分散投資を行うことになるため、リスクも最小限に抑えることが可能です。
手数料がお得なTOPIX連動型上場投資信託ですが、より有利に投資を行うには証券会社毎に手数料の安い会社を選ぶのがポイントとなります。

これは通常の投資信託についても同様なので、手数料の確認を慎重にして、コストを抑えた資産運用をして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ