日本の経済の中心東京は投資信託にも最適です

東京都の人口はおよそ1,340万人(2014年12月)で、勿論日本の都道府県の中では最大で、全人口の10%以上がここに住んでいます。
千代田区・中央区・文京区など23区、八王子市・立川市・武蔵野市など26市、奥多摩町など3町、そして一つの村である檜原村からなっています(島嶼部を除く)。
なお、太平洋に浮かぶ島嶼として大島支庁・三宅支庁など3支庁があり、小笠原諸島の沖ノ鳥島や南鳥島も都内に含まれるため、日本最南端かつ最東端に位置する都道府県として知られています。

こうした東京は、言うまでもなく多くの大企業の本社や支社、中小企業が集中する日本の経済活動の中心地です。
従って、東京は活発な経済活動を利用した投資にも適した都市として、多くの人が投資に着手しています。

実際、都市部で生活する人にとって、生活安定のために投資を行い資産を増やしておくことは将来に大いに役立つでしょう。

また、投資を行なっている人が多い都市部には、投資家のために投資の手助けをする会社がたくさんあり、有価証券や不動産への投資といった投資を専門にする証券会社や不動産会社の他、投資信託を専門とする会社も存在します。

そして、投資初心者の方にお勧めなのが投資信託です。
投資信託は株式等の有価証券への投資に比べ、比較的リスクが少ない投資として多くの投資家の支持を得ています。

東京に住む投資初心者の方、投資信託は証券会社だけではなく最寄りの銀行や郵便局でも手軽に購入が可能なので、初めての投資としていかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ