分配型投資信託は定期的に安定した分配金を受け取れます。

投資信託とは、多数の投資家により販売会社を通じて出資された資金を、資産運用の専門家であるアセットマネージャやファンドマネージャにより、各種金融商品などに対して様々な状況判断した上で投資活動を行い、その資金を提供した投資家へ分配金として利益を提供する金融商品です。
この資産運用による利益と損失は投資家に帰属し、ファンドや投資ファンドとも呼ばれています。

原則として元本保証はありませんが、投資信託の場合は、株などの各種金融商品や新興国へファンドとして投資活動を行い、個別に決算があるので、銀行などの預金よりも良い投資益が期待できますが、それに相当するリスクを負うことにもなりますので投資には慎重な判断が求められます。

現在では預金による利息収入がほぼ見込めないため、資産運用方法の一つとして注目されています。

投資信託の投資対象によって、リスク、リターンは様々ですが、株式の場合は、債券より業績などの影響から収入に対するリスクが大きく、その分、リターンの方も大きいと言われているのが一般的で、国内を投資対象としたものよりも海外を投資対象としたものの方がレートの影響も受けてリスクやリターンが大きいとされています。

そして、投資信託の中には「毎月分配型投資信託」という収益の決算を1か月ごとに行い、投資家の口座へ分配金を出す金融商品があります。

これは、主に毎月発生する分配金を年金のように受け取れる事をメリットとして、高齢者を中心に幅広い層に大量の資金がこれらの商品に流入するようになりました。

もちろんリスクはあるものの、定期的に安定した分配金が受け取れることが特徴です。
このほか、投資方法には選択肢がありますので、投資の際にはご自分に合ったものをお選びください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ