日本で最大の純資産総額を誇る毎月分配型投資信託

毎月分配型投資信託とは、収益の決算を1ヶ月に1回行なってその度に分配金を支払う投資信託のことで、主に海外債券や海外社債、外貨建ての債券などの比較的短期間で満期を迎えるものに分散投資を行うことで、高利回りを目指す金融商品です。
1ヶ月に1回分配金が受け取れることから、年金代わりに分配金を受け取りたいというニーズが団塊の世代を中心に高まって人気を集めています。

メリットとしては、株に投資する投資信託に比べて価格の変動が小さいのと、やはり定期的な分配金を得られるという点です。

デメリットとしては、外貨建て商品への投資がほとんどなので為替変動リスクと、運用成績が悪かった場合、元金を切り崩した配当となることがあることが一番注意しなければなりません。

毎回分配金が支払われているからといって、必ずしも運用成績が良いとは言えないので、毎月分配型投資信託に投資した場合は元金の状態にも注視するのが大切です。

また、毎月分配型は運用益が毎回分配される仕組みなので、この分配金を生活費などに回すのであれば有効ですが、預金に回すといったタイプの人は無分配を選びましょう。

そうすれば、受け取らなかった分の分配金分の複利が手に入るのでお得となっています。
毎月分配型投資信託とは、グローバル・ソブリン・オープンと呼ばれ、日本で最大の純資産総額を誇る投資信託です。

これだけでも非常に人気が高いことは分かりますが、リスクにも目を向けるとともにリスクヘッジの為に性質の違う商品を複数購入するなどの工夫が必要とされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ