分散投資のシミュレーションをして、リスクを分散させることが投資信託では大切です。

日本は少子高齢化が進み、現在の年金制度で将来は悠々自適に過ごすということが難しくなりました。
支払う額が多くなる一方で、受け取る額は少なくなるという、厳しい時代が到来しています。
そのため、国に頼った人生設計ではなく、自分の資産を有効に活用し、増やそうと考える方は多いです。

そして、資産運用をするからには当然損はしたくありませんし、損をせざるえない場合にも最小限で抑えたいと思うのは、誰しも共通した考えでしょう。

そのために、分散投資のシミュレーションをしてリスクの軽減を行うことが、投資信託をはじめとした金融商品では大切です。

分散投資のメリットとして、運用資金を振り分けることで、1つの企業の株が大きく価値を落としたとしても、少額を投資をたくさんの投資先にしているので、損害が最小限に抑えられるという点があります。

また、長期投資であれば、株式や債券は高い収益を期待できるのですが、相場というのは日々刻々と変動しますし、場合によっては大きく下落することもあります。

分散投資は、そうした短期的な相場の変動の影響を低減させる効果があるのです。
主な投資対象の大まかなリスクですが、低い順に、公社債、海外債権、国内株、海外株、新興国商品となっています。

そして、分散投資は、価格変動の異なるさまざまな金融資産に運用を振り分けることですから、どのような資産を組み合わせるのかというシミュレーションが大切になってきます。

それぞれの資産の特徴を理解すれば、ファンド選びはもっとスムーズになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ