投資信託は、投資家から集めたお金を、運用の専門家が代わりに、債券や株に運用する仕組みになっています。

投資信託とは、数多くの投資家から集められた資金を、ファンドと呼ばれる基金に1つにまとめ、それを株や債券、不動産などに投資を行う金融商品のことです。
その場合、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家によって運用が行われる仕組みになっています。

特徴としては、少額の資金からでも投資が行えるので、大資産家の投資と同じように、たくさんの投資対象に分散投資が行えて、しかも運用の専門家が、投資家の代わりに運用してくれるという点です。

このため、金融商品に対する知識があまりなくても始めることができます。
また、勉強の時間、情報収集の時間、タイムリーに売買を行う時間など、時間に余裕がなくても、専門家が代わりに運用してくれますから心配いりません。

投資信託は、3つの会社が関係していて、1つ目は、販売会社です。
これは金融商品を購入する際の窓口として、一般に証券会社や銀行をいいます。

金融商品を販売してからの償還金、分配金、解約代金の支払いを行います。
2つ目は、運用会社で、これはファンドを作って、金融商品を運用します。

運用会社は、ファンドマネージャーがファンドごとにいて、集められたお金を運用していきます。
3つ目は、管理会社で、これは投資家から集められたお金、その他にも運用する株や債券なども管理、保管しています。

そして、運用会社の指示に従って、株や債券の売買処理を行います。
投資信託は、これから資産運用を考えている方にも始めやすい金融商品といえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ