投資信託は少額の投資ができるため、分散投資がしやすくリスクの低減ができます。

これからの人生設計を考えていくと、国に任せておいても大丈夫なのかという疑問が湧いてきます。
現在支払っている年金も、将来ちゃんと受け取れるのか不安を感じます。
年金支給年齢の引き上げも議論されていますし、国に頼った人生設計しかしていないと、老後に普通の生活すら送れないほど現在の社会基盤が崩れている危惧を、多くの方が実感しています。

自分自身で自分の生活の面倒をみられるように、資産運用をして資産の蓄えをしていくと考えるのも無理はありません。
運用方法にはたくさんの種類があるのですが、少額の資金から始めたいと考えている方には、投資信託という金融商品があります。

これは、多くの投資家から集めた資金を1つにまとめて、運用の専門化が債券や株、不動産などに投資をするというものです。
少額の資金を集めて運用を行うので、一般の方には投資できない高額なものにも投資をすることができる金融商品でもあります。

また、少額の資金から始められますから、複数の投資対象に分散投資ができるのです。

長期投資であれば、株式や債券は高い収益も期待できる資産といえますが、相場は日々変動していますし、時には大きく下落する可能性も存在します。

分散投資は、そうした短期的な相場変動の影響を低減するための効果があります。

将来の予測は誰にもできないからこそ、複数の資産に分散投資をすることで、相場の当たりハズレをそれぞれ補い、リスクの低減とリターンの安定化をもたらすことができるのです。

このようなリスクの低減に、投資信託は向いています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ