円高の時期には外貨投資信託がお勧め

欧米で発生した歴史的金融不安により外貨価格が大幅に下落し、長期的な円高が続いています。
このように、日本国内の輸出産業にとっては厳しい状況ですが、輸入を行う業種によっては有利な状況でもあります。
株式市場では、多くの輸出企業の株価が下落傾向にあり、国内の株式市場の低迷が続いています。

このような状況から、円高を利用した投資が注目されており、多くの投資商品が登場しています。
実際に、各銀行においては外貨預金を勧める広告を出しており、一般市民でも気軽に外貨預金を行えるようになりました。

さらに、為替による利益を狙って、外国為替証拠金取引などの金融商品が登場し、人気を得ています。
このような中で、円高の利益を享受しつつ、投資による利益を得る方法として、外貨投資信託の人気が高まりつつあります。

投資信託は、基本的に金融機関などの投資商品を購入し、投資が成功した場合にはその投資益を得ることが出来る仕組みです。
このため、投資についての手数料が設定されており、数パーセントは手数料として支払うことになります。

しかしながら、投資のプロが資金を運用しているという安心感があることから、素人でも気軽に投資を行うことが可能です。

さらに、外貨投資信託では為替リスクが生じますが、歴史的円高となっている今の状況においては、実際の為替変動は円安方向へ向かうことによって、逆に利益となることがあります。

このように、円高が続く状況時には、外貨投資信託への投資に最適な機会となっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ